スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
五部浄像 (京都・三十三間堂)
五部浄像

京都・三十三間堂(蓮華王院)、
観音二十八部衆の一、五部浄像(国宝 )を描きました。


(「龍馬」からの続き)
国立博物館での龍馬展のあと、三十三間堂へ久々に行ってみました。
三十三間堂1
三十三間堂は正式には蓮華王院といいます。
1164(長寛2)年、後白河法皇が
平清盛に工費の寄進を受けて創建しました。

千体千手観音
三十三間堂といえば、千体千手観音像を誰もが思い浮かべると思いますが、
本尊は運慶の長男・湛慶(たんけい)作の千手観音坐像、
そしてその千一体の千手観音群の最前列にズラリと並ぶのが
二十八部衆像です。
前回描いた阿修羅はじめ、古代インドの諸天・鬼神を表した
鎌倉時代の傑作揃いですが、その中でも僕は
両手に二本の刀を持ち、どっしりと敵を待ち構えてるような
この五部浄に心を奪われてしまいました。

ストラップ
もちろん、風神・雷神像も忘れてはいけませんが、
どれも木を彫って作られたとは思えない
素ん晴らしい立体アート作品だと思いました。
こちらは龍馬展とは違って、心ゆくまで堪能できて
時間の経つのも忘れるほどでした。

太閤塀
境内の南側には、豊臣秀吉が寄進したという
「太閤塀」も残ってます。
堂内に人はたくさんいたのに、ここには誰も来なかった…。

三十三間堂2

写真/Kyo-to
  (お堂の外から撮った千手観音写真のみ友人)
絵/使用ブラシ:線=鉛筆(バリアント:鉛筆[塗りつぶし])
        色=ティント(バリアント:標準円形)
スポンサーサイト
ブツ(仏 )画 | Comments(6)
□ コメント
おっ!三十三間堂ですね。
仏像のことはさっぱりわかりませんが
Kyo-toさんの描かれる像が以前にも増して
タッチに力強さが感じられます。


>三十三間堂は正式には蓮華王院といいます。
>1164(長寛2)年、後白河法皇が
>平清盛に工費の寄進を受けて創建しました。

いつも勉強になります。清盛ってやはり
大物だったのですね。って当たり前か。(^^)
清盛一代で平家一族の栄華を築いたのですもんね。
またです~。
2005-09-07 水 | URL | C-kun #PcIuQdPo [ 編集]
C-kunさん、こんばんは。
僕の方はご無沙汰しっぱなしなのに
いつも感想ありがとうございます(泣)。

仏像、やっぱみなさん興味ないんでしょうね(号泣)。
別に急に仏教に帰依したとか
そんなワケじゃないんですけど(笑)、
例えばミケランジェロのダヴィデ像とか
西洋のだとみんなワケもなくありがたがるのに
何で仏像は年寄りが拝むもの、ぐらいに
軽視されてんねん、一級の美術品やん!
と最近思いはじめまして…(笑)
そんな風に興味持って見ると
ホントに色々あって面白いですよ~、仏像(笑)←誘ってる

とはいっても、現在残ってる国宝・重文級の
名品の仏像はほとんど当時の権力者とか貴族が
端的に言うと自分のために一流の仏師に
作らせたようなものなので
「そりゃどう転んでもいいモンが出来るやろ」って
ツッコミも入れつつ楽しませてもらってますが(笑)、
平清盛にしたって、後白河法皇の権力欲しさに
工費の寄進をしたのであって、その辺を考えると
お寺とか仏像を単純に「ありがたやありがたや」、
なんて僕は思えません。
だから、僕の中ではカッコいい車とか
好きなサッカー選手を紹介する感覚で
仏像シリーズの絵を描いてるんですが(笑)、
でも、現世利益を信じて一心に観音さまを拝んでる
おばあちゃんとか見ると、それはそれでいいな、
とも思ってしまいます。

長い割には何の話をしてるのか分からなくなってきましたが(苦笑)、
そうそう、清盛といえば京都の
六波羅蜜寺に晩年の平清盛像があるんですが、
出家してアタマ丸めてるのに、全然枯れてない
めちゃめちゃワルそ~~な顔してましたよ(笑)
ただモンじゃないですやっぱ。
2005-09-08 木 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
マイベスト三十三間堂
二十八部衆かぁ、良いよね!!カラスの顔した迦楼羅王が結構お気に入りなのですが。
てか昔は三十三間堂って、あのズラ~っと並んだブツの方に気を取られ、
自分と似た顔があるんだって、へぇ~!!って感じで探してた印象だけど、ブツ好きになってゆっくり見回すと、やっぱり前列にいる部衆ですよなぁ!!

そいえばミクシィで見つけた「魅惑の秘仏たち」というコミュに参加してみたんだけど、
そこに秘仏ご開帳のスケジュールが載ってて、
10月中・下旬~11月あたりはご開帳オンパレード!!鼻息荒くなってしまいました。
て事できっと京都行くねこりゃ。これ逃したら勿体ないね。
2005-09-08 木 | URL | Mika #- [ 編集]
そういえば、みか王子と一番最初に会った日
行ったのが三十三間堂じゃなかったっけ。
ノン山じゃないnorikoさんも一緒に、雨の日。
昨年は遅刻して中は入らなかったから(恥)、
あれ以来かな、三十三間堂でブツ見たの。

あの頃はブツに興味なくて、
お堂の床の冷たさしか記憶になかったけど(笑)、
今見たらまぁ、お宝の宝庫(ヘンな日本語)でしたわ!
うんうん、迦楼羅王もいいっすね。
あんな口で笛なんか吹けたら
ジャガーさんもビックリやと思うけどね(笑)

「魅惑の秘仏たち」!?
早速チェックしなくては。
秘仏開帳、平日じゃなかったらお供したいぞ。
見仏記のコミュには参加して
みか王子のコメント見つけたけどな(笑)
2005-09-09 金 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
嗚呼…
残念ながらブツツアーは平日予定なんだな…。
あなたこんなご開帳真っ只中で週末に行けねぇよ!!高いし(^^;)
今んとこ10/17上京(京都に参上)予定。
コミュのコメント見られると恥ずかしいよね(´Д`;) 探すな!!

懐かしいねぇ、のりちゃんと行ったねぇ。
てか三十三間堂は昔から何か好きだったんだよね。
2005-09-12 月 | URL | Mika #- [ 編集]
10/17上京(京の都に入ること=入洛というのだよ)でっか…。
平日でっか…。
何とか参加したいところですなぁ。

いや、コミュのコメントはたまたま見つけましてん(笑)。
2005-09-12 月 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。