スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
葵祭の日
20050521005110.jpg


15日の日曜、葵祭を見に行った時の
加茂街道沿いの風景を描きました。



葵祭は、毎年5月15日に行われる
上賀茂・下鴨神社の祭礼で、
正式には賀茂祭といいます。

起源は6~7世紀頃にさかのぼりますが、
平安時代初期に平安京の宮廷の祭儀となり、
応仁の乱や太平洋戦争などで何度か
中断された期間はあったものの、現在まで続いている
京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)のひとつです。20050521010306.jpg

…とか言いつつ、僕は今回、83年以来22年ぶりの
日曜の葵祭ということで、(多分)生まれて初めて見れました。
京都御所から下鴨神社を経て上賀茂神社へ至る
時代装束の行列は思ったよりスピードが速く、
沿道の凄まじい人出と相まって、
寄り道しながらのんびり構えていた僕は
加茂街道の上賀茂橋手前あたりでようやく
何とか落ち着いて見ることができました。
20050521010249.jpg

(Photo by Kyo-to)
スポンサーサイト
京都の画(え) | Comments(2)
□ コメント
Kyo-toさん、おはようございます。

ちょととお久しぶりですね。
お元気そうで何よりです。

葵祭、私、一度も観たことがありません。
そのお祭りがどんなのかもよく知りませんでした。
こうやってKyo-toさんのブログで京都文化を
ちょっとずつ知る機会を頂いています。

この砂場にいる親子の絵。
向こう側の人の群にすっかりその気持ちを
持ってゆかれている雰囲気がとってもよく出ていますね。
砂場の縁にある二台の自転車も何だか良い感じでのポイントになっていて、
この絵を生き生きと楽しく見せてくれます。
2005-05-22 日 | URL | Meg #T0ca3UNU [ 編集]
Megさんこんばんは。
ご無沙汰しててすいません。

ただ絵を置いておくだけなのも何なので、
絵にちなんだ解説めいたものを
付けてはいるんですけど、
資料を色々ひっくりかえしながら
実は僕が一番「へー、そうやったんか」
って勉強してるんだと思います(笑)。
でも知れば知るほど京都は面白いです。

この加茂街道っていうのは
賀茂川の土手の道って感じの通りで、
河川敷に砂場とかちっちゃいテニスコートとかあって、
市民の憩いの場になってるんですが、
それはともかく、葵祭の行列そのものより
こういう場面を描いてしまうところが
やっぱりちょっとヘンコなのかもしれませんね僕。
でも楽しんでもらえて光栄です。
2005-05-22 日 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。