スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
九州デンシャ旅 【その2】  筑豊電気鉄道  〔福岡県〕
chikutetsu
Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=コンテ(先細コンテ2.5)
 色=ペン(べた塗り)


後ろ髪を思いっきり引っぱられる思いで門司港駅を後にした僕は、JR鹿児島本線を今度は西へ。
小倉でいったん鳥栖(とす)行きの快速に乗り換え、黒崎駅を目指す。
進行方向右手の車窓は、さすがに北九州工業地帯らしく大きなプラントが建ち並んでいる。

途中、車窓風景との著しいギャップを覚える「スペースワールド」という名の駅に停まり、
一瞬我が目を疑ったが、左手に広がる遊戯施設群に気付いて、
新日本製鉄八幡製鉄所の敷地内にあるテーマパークのことだと思い出した。
ちょっと面白そうだけど、僕が求めるワンダーランドはもうちょっと先にある。
10:52、黒崎駅着。

JR黒崎駅に隣接したビルの1階部分にある「黒崎駅前」~「筑豊直方(ちくほうのおがた)」間、
16kmを30分ほどで結ぶ鉄道が、今回絵にした筑豊電気鉄道
九州デンシャ旅初日のお目当てだ。
k-5
CS放送の旅チャンネル『全国チンチン電車紀行』で紹介されたのを見て、
九州へ行ったらぜひ乗ろうと決めていたのだった。
見た目は路面電車っぽいのに、専用軌道を結構なスピードで激走する面白いデンシャだ。
ちなみに絵と写真の車両は、この路線のレギュラータイプ、3000形。
k-6
車内に居る車掌さんに運賃を手渡しする光景もイイ感じ。
もっと鄙びた鉄道を想像していたけど複線だし、京都でいうと叡電の出町柳~修学院の間みたいな
郊外の町中を10分間隔のダイヤで走り抜ける、利用者も結構多い割と元気な鉄道だった。
k-7
…とか言ってると、残り1/3ぐらいの区間は↑こんなのどかな風景が広がり、
いつの間にか乗客も僕だけに。
終点の手前でおばあちゃんが一人乗ってこられたものの、終点・筑豊直方駅は寸断されたような
(実際、路線延長の計画が頓挫したらしい)高架駅で、何となく儚げな地方鉄道の風景が待っていた。

11:32。とりあえず路線を乗り通してひと安心してしまった僕は、
13:11までに再びJR黒崎駅に戻ればいい、運転間隔も10分だし余裕やん、と
直方の町をブラブラ散策することにした。
k-8
知らない町の、生活のにおいがする商店街なんかを歩くのはホントに楽しい。
先の番組でも紹介されてた喫茶店(写真手前右手)も偶然見つけて小休止したりなんかしながら
本当に余裕をかましていたら、古い宿場町のあるという木屋瀬(こやのせ)や、
筑豊電鉄の車庫がある楠橋(くすばし)にも寄ろうと考えていたのに、
時間がもうなくなっていることに気付いた。バカだ。

九州デンシャ旅、初日のこの時点で事前にたてた計画が失敗だったことも思い知る。
最初の小倉から今夜の宿のある街までの行程を時刻表で上手く組めたと
満足してしまったところで終わっていた。
九州は想像以上に広い。無理がありすぎた。

結局、この筑豊電鉄探訪は単に往復しただけに終わってしまった。
本当に乗りたかった車両、2000形↓も午後から1編成走ると駅員さんに聞いたが、僕の去った後の話だった…。
2000
※この写真のみ、転載可という太っ腹サイト『日本の旅・鉄道見聞録』より転載させていただいてます

(ダメダメのまま つづく)
スポンサーサイト


デンシャ旅 | Comments(7)
□ コメント
黒崎から・・・・
黒崎から直方方面に行ったんですね。
直方・・・。私は行ったことないですが「直方かんだびっくり市」とかいうCMを見たことがあります。今でもあるかは不明ですが。

折尾から、若松方面に行けば、わがふるさと若松ですが・・・。

言ってくだされば、若松で宿を提供しましたのに!(ホントかよっ)

折尾の「東筑軒」のかしわめし。
食べられましたか??

続きがめっちゃ楽しみです。
ついでに、めっちゃ里心がつきました。
2007-10-16 火 | URL | へから夫人 #no8j9Kzg [ 編集]
Re:へから夫人さん
そうなんです、まず初日はこの筑豊電鉄へ。
しかし、九州の地名って結構難読なの多いですね。
「原」を「はる(ばる)」と読ませたり、
直方だって「のおがた」なんて…。

ところでその直方ですが、筑鉄の駅前は寂しげでしたが
JR直方駅前は結構開けてましたよ。
「びっくり市」は見かけなかったけど、
「市」というのは常に立つものではないので
まだ続いてるならタイミング次第で出会えるかもしれませんね。

若松、筑豊本線の北の終点なんですね。
今回は寄らなかったけど、福岡は見どころいっぱいだと分かったので
いずれまたお邪魔するに違いないでしょう。
その節はよろしく頼みましたよ!(半ば本気)

かしわめし!何種類かあってどれがいいか分からず
結局食べてないんですよ…。
知らないことで得られる感動も多い無知の旅ですが、
ちょっとぐらい へから夫人さんに聞いとけばよかったですね…(泣)。

九州シリーズ、一応3日毎の更新をめざしております。
頑張ります。
2007-10-17 水 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
九州シリーズの画、決して自己主張の強い主題ではありませんが、絶妙な配色によってうまく引き立てられていますね。

写真では、こうはいかない。。

【その3】も、楽しみにしてます!
2007-10-18 木 | URL | 二枚橋 #hDTnLW5s [ 編集]
Re:二枚橋さん
どうもありがとうございます!
旅行記の文中に写真を多用してるので、
絵はちょっと色数を減らしてシンプルに、
と思ってこんな風にしてみたんですが
そう言っていただけるとホントに嬉しいです。

でもまだまだ「どこかで見た絵」だと思うので
ホントに自分だけの表現ができるようになりたいです…。

写真はしかし、「記録」という点では
鉄道の場合なんか特に正確で間違いのない
最高のメディアだと思います。
2007-10-18 木 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
>正確で間違いのない 最高のメディア

と思っているとですね、車両の分類をしている時や模型を作る時にですね、
「反対側の写真が見つからない」
と、頭を抱えることがあるのですよ。。

鉄道車両は左右非対称なので、細かく分類しようとすると、両側の写真が欲しくなるんです。
特定の車種に思い入れのある人と話をしていると、
「○○号機は、雨樋の長さと形状が・・・」
「▽▽番から□□番まではトイレの窓の大きさが・・・」
なんて具合になります。

さらに写真で気をつけなければならないのは露出でして。
車体に露出を合わせると、下回りが暗くなる。
下回りに合わせると、車体がハレーションを起こす。。
しまいには、車輪がついている「台車」だけアップで撮りはじめたりするんですが。

さて、kyo-toさんはどの辺りまで浸かりますか・・・?<脅してどうする。。
2007-10-18 木 | URL | 二枚橋 #hDTnLW5s [ 編集]
これこれ
筑豊電鉄で廃車になった元西鉄車が
密かに神戸に運ばれ、実験用になっています。

ttp://www.khi.co.jp/khi_news/2006data/c3060830-1.htm

知ってました?
2007-10-19 金 | URL | いぶきダンナ #4mdexvsI [ 編集]
Re:二枚橋さん いぶきダンナさん
>二枚橋さん
僕はコンパクトデジカメしか持ってなくて、
絵のネタ用なのでまぁそれでも全然差し支えないんですが
確かに露出の問題は感じます。

車体の色や形を優先して撮るので、いざ絵にする時、
見本の写真の下回りはほとんど真っ黒で
いつも誤魔化して描くハメになります。

僕にとっては形や意味のよく分からない部分・部品、
架線やそれに伴う機器類などもよく省略したりするので
うーん、写真云々よりも如何に「絵だから…」
と許容してもらえるかに腐心する日々が続きそうです(苦笑)。

>いぶきダンナさん
いや、全然知りませんでした!
個人的には試験車両に留まらず、そのまま電池駆動車として
営業運転してくれたらいいのにな、とか思ってしまいますが(笑)、
ともかく、環境に考慮した川崎重工さんの試みは大いに評価したいです。
2007-10-20 土 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09月 « 2017/10 » 11月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。