スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
九州デンシャ旅 【その1】  門司港駅  〔福岡県〕
mojikou-eki
Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=コンテ(先細コンテ2.5)
 色=ペン(べた塗り)


九州へ行ってきました。

もちろん、目的は九州の地方鉄道探訪。
京都から一泊ではさすがにキツいので、6~8日の3連休を利用した。
九州北部の3鉄道に絞り、そこへ向かうJRの沿線風景も楽しみつつ、
それぞれを一日づつ3日間堪能する計画だった。

夏の青春18きっぷ有効期間は終わったので、もちろん今回は鈍行では行かない。
よって、九州入りは山陽新幹線で。しかも憧れの500系!
k-1
男(お子チャマとも言う)心をくすぐるイカス風貌、最高時速300kmのハイパー新幹線なのだが、
同等以上の性能と乗り心地を兼ね備えた新型・N700系に早晩置き換えられていくらしく、
地方鉄道のように失くなりそうなものばかり追いかけてる今の僕には
ある意味お似合いの新幹線と言えるかもしれない。

さて、朝イチの500系に乗りたいがために新大阪で乗り換えの余計な時間を要したが、
7:13に京都を出て9:38、北九州・小倉に到着。
終点博多から九州各方面へ赴くのが定石だと思うが、一つ目のお目当ての地方鉄道への行程の都合と、
どうしても立ち寄りたいところがあったため、ひとつ手前の小倉で降りたのだ。

k-2
小倉駅で鹿児島本線に乗り換え。
九州イッパツ目のデンシャは古めの車両だった。
コイツで3駅ほど東へ戻る。15分ほどで終点。
そこが僕がまず立ち寄りたかった場所、今回絵にしたJR門司港駅だ。
k-3
大正3年(西暦1914年)に建てられた九州で最も古い木造の駅舎で、
駅としては全国で唯一 国の重要文化財に指定されている、
門司港レトロ倶楽部というHPの解説にも書かれている。
これぞ駅、といった趣あふれる、期待に違わぬスポットだった。
だが、同時に失敗でもあった。
駅舎を見れれば十分だろう、と文字通りたった十分しか滞在時間をとらなかったのだ。

ネットで事前に旅先のあらゆる情報が手に入る時代、下手をするとその追体験で旅が終わる危惧から
僕は下調べはどうしても見たい場所の拝観時間やアクセス情報だけ、ガイドブックの類も地図さえ持たない
というのを「縛り」みたいにしているのだけれど、それが仇になった。
k-4
関門海峡はすぐそこだし、レトロな洋風建築がそこここに目に入るし、
これは半日ぐらい居ても楽しめそうな場所だと悔やむことになってしまった。
でもここで時間をとると後の行程がもう破綻する。
そうして僕は予定通り、泣く泣く門司港駅をあとにするのだった…。

(つづく。 3日毎ぐらいの更新を予定…してはいますが、果たして)
スポンサーサイト


デンシャ旅 | Comments(14)
□ コメント
悔しい~
Kyoちゃん、門司駅も行ったん?!!
私も行きたいと思っとったんよぅ。
めちゃ悔しいわ!
2階の会社の社長が門司はメインな道から
一歩通りを違えると私が好きそうな場所があるって言ってたし
ほんと行きたい場所やったんよー。
駅もなかなか立派で・・・
も~も~も~、悔しいぞ~!
2007-10-13 土 | URL | mico #aEmTB4nk [ 編集]
Re:micoちん
九州に行くとは言いましたが
門司港駅行きはヒミツにしてました(笑)。
文中にも書いたとおり、門司港周辺だけでも
楽しめそうなところなので、ぜひ出かけてみてください。

あ、ひとつ注意。
門司駅と門司港駅はまったく別の駅なので
お間違えなく!!
2007-10-14 日 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
門司港駅、風格のある建物ですねぇ

>九州イッパツ目のデンシャは古めの車両だった。
これの兄弟が常磐線で活躍していましたが、今年の春に引退しました。。。
風前の灯火となりつつある鋼製車。
ステンレスやアルミ車体の方が軽いので、線路にかかる負担も小さくて済むんですけどねぇ。
デザインが画一的に・・・。

さてさて、これからkyo-toさんがドコへ向かうのか。
楽しみにしてますよ~♪
2007-10-15 月 | URL | 二枚橋 #hDTnLW5s [ 編集]
Re:二枚橋さん
九州で最初に乗ったこの車両、
帰って一応ネットで調べたんですが
415系?いや、455ってのも何か似てるぞ…
と僕にはやっぱり判断できなかったので
「古めの車両」で片付けてしまいました(汗)。
デザインといえば駅舎も、JR・私鉄とも近年のは立派な割に
特徴のない無味乾燥なのが多いですね意識して見ていると。

帰ってから1日目の計画はミスったと気付いたんですが
とにかく暖かい目で行方を見守っていただけると幸いです(当方涙目)。
2007-10-15 月 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
古めの車両
まだ行ったことありません、門司港駅。
一度見てみたいと思っているのですが、なかなか果たせずにいます。今となっては壊されることはないと思いますが、変にきれいになってしまうのも、どうかと・・・。上野駅とか、昔の建物を残してキレイにしてしまうのは「良いこと」と思います。が、しかし、昔の薄汚い”いかにも駅”らしい雰囲気が消えてしまうようで、それはそれで寂しいような・・・。どちらが正しいのかと言われれば、キレイにしていただくほうを選びますが・・・。

古めの電車、二枚橋さまも触れておられますが、415系(九州で言うところの421・423系も合わせて・・・)が正解だと思います。455系は2扉の急行形車両ですから・・・。
いや、形式はどうでも良いんですよ・・・。

イラスト。屋根の日の当たり具合が気持ちいいです。
2007-10-15 月 | URL | いぶきダンナ #4mdexvsI [ 編集]
Re;いぶきダンナさん
絵や記事に関連したコメントはもちろん嬉しいのですが、
絵自体の感想をいただけるとホントに嬉しいものです(笑)。
ありがとうございます。

京都の建築文化財なんかも耐震強度の問題なんかで
補強工事が行われたりしますが、当時の趣を残したまま
最新の技術を投入するのは色々苦労があるようです。
でもその辺のバランスは、やはり相当の注意を払ってほしいな、
と願ってしまいます。

写真の車両、415系ですか。ありがとうございます。
乗って旅することが僕にとっては最も大事なことなので
鬼のように詳しくなりたいワケではないんですが、
せめて乗った車両の名称や系統の数字の意味とか知りたくなります。
2007-10-16 火 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
おお!!北九州
懐かしい電車に懐かしい光景!!
おぉぉ!北九州ではないですか!

しかも500系で!!

うちの旦那は500系は「うなぎ」、700系は便所のスリッパ。と形容します。
ホームにぬーーーんと入ってくる姿がうなぎに似ているのだそうです。(確かに・・)

門司港レトロ・・・。
私は実はまだ行ってないのです。
以前帰郷した際に、行こうと思ったら、地元の姉、いとこなどが口をそろえて言うのです。
「ふーん、門司港レトロいくん?行ってもなんもないよ」
と・・・。

でも、やっぱり雰囲気で楽しむ場所ですよね!!

今度帰省したときは行ってこよ。
2007-10-16 火 | URL | へから夫人 #no8j9Kzg [ 編集]
Re:へから夫人さん
そうなんです、Kyo-toデンシャ旅、
九州急襲です。←ダジャレ
まずは北九州です。

車両解説では戦闘機のよう、とか形容されることの多い500系ですが、
僕もウナギかウツボ、とにかくヘビ系の生き物を連想します(笑)。
700系=スリッパには同感。N700系は僕は体育館シューズだと思います。

いや、テーマパークやアトラクション系の期待をすると
門司港レトロは確かに何も無いんでしょう。
でも僕のようにただ古いものが残ってるだけで嬉しい人間には
この駅舎だけでも数時間過ごせました多分。
2007-10-17 水 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
鉄への道
>せめて乗った車両の名称や系統の数字の意味とか知りたくなります。

・・・これが「鉄」への第一歩となるのです。同じ系統に「バス」趣味もありますが・・・。

ちなみに、415系は交直両用の近郊型電車で、50/60Hz両方で走れるため東日本エリアにもいます。それ以前は50Hz用と60Hz用で違う形式でした。さらに、この車両の直流専用車のスタンダードが113系になるわけでして・・・、と話は延々と続くのです。

恐るべし・・・。
2007-10-18 木 | URL | いぶきダンナ #4mdexvsI [ 編集]
・・・深入りします?
>せめて乗った車両の名称や系統の数字の意味とか知りたくなります。

私は小学館の「コロタン文庫」で学習しました。
それらの参考書は今も、実家の書棚に並んでいます。

今は子供向けの解説本も減りましたね。
形式を覚えるのはプラレールの本を見て、なんて具合になっているのでしょうか。。

国鉄型電車の場合、形式の100位が電気方式で、10位が用途で、1位が設計順となります。
写真の電車は415系ですので、4「交流・直流両用」の1「通勤用」電車として5「番目」に設計・製造された、となるわけです。
ただし、設計順序の番号は奇数が割り振られるので、一の位は「1」→「3」→「5」と増えていきます。。
ですから正確には「3番目」ですね。
カタカナについては後日ということで<やるんかい。。

ついでに栗原電鉄の場合ですと「M151」は「M」がモーター付き、「15」が車体長15m、末尾の「1」が製造順(または導入順)です。

車両型式の付け方は、事業者によって千差万別です。
それぞれの事業者の付け方のパターンを読み解くのも面白いですよ<煽ってるなぁ・・・。

そうそう、ここでのやりとりを見ていて思い出しました。
ちょっと前に似たようなことをしていたのでした。。
URL:http://pub.ne.jp/hitakami/?entry_id=684862
2007-10-18 木 | URL | 二枚橋 #hDTnLW5s [ 編集]
やりますか?
二枚橋さま>

わ、そこまでやっちゃいますか?
そのコロタン文庫って「国電全(オール)百科」でしょう。今でも私の書棚にあります。まだ時々開いています。恐ろしいほど私の知識がこの本で止まっていることが分かります。今は同種の本と言えば「JR全車両ハンドブック(?)」だったっけ。でもこの本はやはり一定の知識を持った方向けのもので、よく考えると敷居高いですね~。そもそも値段も高いし。

国電全百科・・・サロ163も載ってたなあ~。どうしてクハ415は無いんだ!とか。
2007-10-19 金 | URL | いぶきダンナ #4mdexvsI [ 編集]
Re:二枚橋さん いぶきダンナさん
>二枚橋さん
「キ」は気動車のキ、とかカタカナの方は
何となく分かってきたのですが、
数字の羅列はまったく「???」だったんです。
なるほど!確かに面白いですね~、
意味や法則があるんだと分かると。

その気になればネットetc、幾らでも知識を得られるんでしょうけど、
「何でかな~どういう意味かな~」って考えながら
デンシャに揺られてる今のバランスが僕は結構好きです。

>いぶきダンナさん
どうやらお二人を結ぶ絆はコロタン文庫だったようですね(笑)。
2007-10-20 土 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
素晴らしいですね!
今日は、私のブログへ訪問頂きありがとうございました。
こちらのブログを見て、「うわぁ~」「うわっ」「え~」とうなってばかりいます。
だって あまりに素晴らしいんですもの。
感性が、私にぐぐっ。。とくるものばかり。

しかも「絵」
常々「絵心があったらなぁ」と思っている私です。
「絵」にすると言う事は、被写体を写真異常に観察することが大切になってきて、より深く長く見るんですものね。
そして心を入れて描く。。

溜息です。

門司へは今年の春 青春18切符を利用して「ムーンライト九州」で行ってきました。
楽しい二日間でした。

私鉄も大好き、今度の青春18切符では江ノ電に乗りに行こうかと考えたりしています。

門司港駅 トラックバックさせて頂きますね。

もっともっと隅々まで見せていただきます。
2007-11-08 木 | URL | yume #/eG2YYas [ 編集]
Re:yumeさん
レス遅くなってすいません。コメントありがとうございます!
最初の段、全部僕がyumeさんのブログを拝見した時とまったく同じ状況です(笑)。こんな身近にこんなスゴイ方がいたとは!って感じです。
青春18きっぷも使い慣れてらっしゃるようだし、ホントに頭が下がります。

絵、そんな風に理解していただけて嬉しいです。ただ、絵はブログにアップできる状態にするまで時間がかかるのが難点です…。

トラックバック、非常にありがたいお話なんですが、以前、無関係なTBの多さにウンザリして、スタイルシートのTBの記述自体を削除してから戻し方を忘れたままなんですよ(汗)。どうもすいません。
2007-11-10 土 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。