スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
夕凪の街 桜の国
夕凪の街桜の国 夕凪の街桜の国
こうの 史代 (2004/10)
双葉社

この商品の詳細を見る

広島に行ってから広島という街が大好きになって、
広島という文字が目に入ると本でもTVでもすぐ反応するようになってしまいました。
そんな中で出会ったかけがえのない一冊。

広島に行ったことのある人もない人も、
ヒロシマ・ナガサキ、原爆について避けていた人も
とにかく一度は目にしてほしい本(マンガ)です。

『広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ』
(本文コピーより)
スポンサーサイト


other | Comments(9)
□ コメント
「はだしのゲン」は知ってたけど、この作品は知りませんでした。機会があったら読みたいです(アメリカでは手に入らん!)。

広島のエライところは、語り継いでいくところ、そして原爆電車のような「生き証人」を大切にするとこやと思います。京都は、あまりにも安易に市電を廃止しました。日本初の市電を走らせた古都らしからぬ決断でしたね。

広島は中学生の時行ったきり。九州や山陰には行くのですが、広島は素通りしてしまいます。今度帰国したら、ぜひ訪れてみたいです。
2007-09-01 土 | URL | 浄土寺のねぎ坊主 #- [ 編集]
いま映画も上映されていますね。
実は随分前からこの本探していたんですけど
品切れで...先に映画を見ようかと...
2007-09-02 日 | URL | ゆみるん #mig06/e. [ 編集]
Re:浄土寺のねぎ坊主さん ゆみるんさん
>浄土寺のねぎ坊主さん
この作品、「はだしのゲン」のようにストレートで衝撃的なシーンはなく、
この絵柄のように柔らかく淡々とした表現なんですが
原爆が当時の人の生き死にと人生を変えただけでなく、
62年も経ったいま現在も続く問題なのだと思い知らされました。
それでいて読後感はとても爽やかというか前向きで
…とにかく本当にぜひ何とか読んでいただきたい作品です。

話は変わって、こないだJRの二条駅でたまたま出会ったおばあさんと京都の電車についてお話しする機会があったんですが、
「特に地下鉄なんかはホームへの昇り降りが大変やし、ホンマに市電はよかった」
とおっしゃってました。
僕も激しく同感です。

僕も路面電車をきっかけに再訪した広島でしたが
京都に似た規模、街の中を流れる川、山が近くて海もあって…
広島がホンマに僕は好きになりました。
ぜひ帰国された折には『夕凪の街』へ。

>ゆみるんさん
この作品を読んで、お盆休みに映画も観に行きました僕(笑)。
原作にほぼ忠実に作られているので映画から観られても大丈夫だと思いますよ。
主演の田中麗奈さん、麻生久美子さんはじめ、みんな原作のキャラにぴったりでした。
ただ僕としては原作のほわっとしたタッチとユーモアが
映画ではちょっとウェットで真面目な表現になってしまってたのが
残念というか、オススメはやはり圧倒的に原作の方かな、と…。

けれども話の筋も知ってるのにやっぱり泣けてしまうほど深く染みるし、
伝わるメッセージは原作も映画もまったく同じだと強く感じました。
2007-09-04 火 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
ようやく観てまいりました。
切なかった...広島がより愛しく思えました。
2007-09-05 水 | URL | ゆみるん #mig06/e. [ 編集]
Re:ゆみるんさん
ご覧になりましたか映画!
広島にお住まいだった方には
なおさら愛しく思えたことでしょうね。

もう上映が終わってる所も多いし、
上映している映画館も少なかったのが残念です…。
2007-09-06 木 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
探してみます
広島、長崎ものに、どうしても拒否反応が出てしまうのは、
小学校の時の夏休みの登校日8月9日に見せられた原爆の映画のせいでしょう。間違いなく。

だけど、この作品なら、先入観なく読めそうだと、アマゾンのレビューを読んで思いました。
2007-09-08 土 | URL | へから夫人 #no8j9Kzg [ 編集]
Re:へから夫人さん
戦争・原爆、っていうと何だかいつも
戦後生まれの僕らは体験したことないのに
「良くない。なぜ良くないのか考えてみましょう」
っていう、ある意味理不尽な途轍もない宿題を出されたような
できれば考えずに済ましたい問題だった気がします。

アマゾンのレビュー(もちろん賛否ありますが)が
200件を超える反響を呼ぶくらい、
この、たった100ページ足らずの作品が
僕らの何かを突き動かすのだと思うので、
ぜひ手にとってみてください。

っていうかフツーに、ひとつの物語としてもとても優れてる作品だと思います。
2007-09-11 火 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
路面電車が見たくって訪れた広島の町。
いろいろと調べるうちに広島の町の重さを感じずにいられませんでした。


この「絵」 門司でも見たような気がするって思いましたが、そうじゃなく「わたせせいぞう」さんでした。旧大阪商船の二階で見た明るい絵。
どことなく似ているなぁって思います。
2007-11-16 金 | URL | yume #/eG2YYas [ 編集]
Re:yumeさん
そうでした!九州から帰って調べて知った門司港周辺情報で、わたせさんのギャラリーがあることを…。

この作品、広島・ヒロシマの過去と現在をすごく自分にも関わることとして感じられるので、機会があればぜひyumeさんも読んでみてください。
2007-11-19 月 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。