スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
広島電鉄 広電天満橋を渡る旧京都市電  〔広島県〕
kyoto1900
Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=コンテ(先細コンテ3)
 色=ペン(べた塗り)


愛しの旧京都市電をもう一枚描いてみました。
小網町~天満町間の天満川に架かる電車専用橋、天満橋での夕景です。
僕の好きな夕暮れ時ということも相まって、この風景は
広島での忘れられない思い出となりました。



ところで、広島の旧京都市電1900形と当時の京都市電1900型の違いは
前回もちょっと記事中の文章で触れましたが、今回は絵にしてみました。
小さな違いなんですが、往年の京都市電の姿を再確認できて良かったと思います。
(古い本の写真を参照した我流再現画なので、間違いなど遠慮なくご指摘願います)

1900old
Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=コンテ(先細コンテ3)
 色=ペン(べた塗り)
スポンサーサイト


デンシャ旅 | Comments(4)
□ コメント
kyo-toさん、こんばんは。

思い入れのある車両が、今も動いているというのは、うらやましいです。
当方が追いかけていた715系なんざ、みんな郡山工場で露と消えましたからねぇ。。

不吉な話はおいといて・・・。
京都市電の、かつての姿と今の姿。
並べてみると、けっこう変わっているものですねぇ。

ところで、「コレ」は「排障器(はいしょうき)」でいいんじゃないですかね。
あと、前面窓がHゴム押さえに変わってますね。
前面中央の窓ガラス、京都時代は木枠に取り付けられているように見えます。
2007-08-26 日 | URL | 二枚橋 #hDTnLW5s [ 編集]
Re:二枚橋さん
二枚橋さん、ありがとうございます。
僕が知らなかった部位、排障器っていうんですね!
考えてみればそれ以外ない、ってぐらいの名称ですが(笑)、
車両の番号の意味とか「~系」「~形」の違いとか
まだまだ知らないことばかりで苦労しつつも
こうして謎が解ける喜びも感じてます。

前面中央窓ですが、ご指摘の通りまったくスクエアなガラス窓が
木だったかどうかまでは僕には分かりませんが
枠に取り付けられてたのが写真でも確認できました。
2007-08-26 日 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
排障器
そうか、排障器か!子どもの時は、頭の中で勝手に「人がぶつかったとき、轢かれへんようにする網」と呼んでました。親がそう説明してくれたような気がします。しかし、漢字とは便利なもんですねー。排障器やと、たった三文字で表せる。なんか、しょうもないことで感激してしまいました。

他都市に「嫁入り」した京都市電の中で、広島市はできるだけもとの姿を保存してくれているので、ありがたいですね。そういえば、被爆電車も大事に保存してはるらしいですが、そういう姿勢に敬意を覚えます。
2007-08-28 火 | URL | 浄土寺のねぎ坊主 #- [ 編集]
Re:浄土寺のねぎ坊主さん
「人がぶつかったとき、轢かれへんようにする網」(笑)
僕も大体そんな認識でした。
表意文字である漢字は素晴らしいと思うんですが
最近はひらがなの地名とかも増えて二重に意味が分からんというか…。

「嫁入り」ってイイですね何か。
一応新旧(?)比較なんてしてみましたが、元気に走る姿を目の当たりにすると
実のところそれだけで嬉しくなるんですよホンマ。

被爆電車、新たに絵にしてみました。
2007-08-29 水 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03月 « 2017/04 » 05月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。