スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
さよなら くりはら田園鉄道  〔宮城県〕
kuriden

Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 パステル(X-ソフトパステル2~20)


今年に入って獲り憑かれたように電車に乗りに行っては絵にしている僕ですが、
今月も10、11日とはるばる東北まで行って来ました。
宮城県(っていうかもうほとんど岩手県)の石越~細倉マインパーク前間
25.7kmをのんびりゴトゴト走る、今月いっぱいで廃線になってしまう
くりはら田園鉄道』です。

さすがに京都から遠く、いくら何でもバカだろうと自分でも躊躇したんですが
廃線になってしまってはもう二度と乗りに行くことはできないと思い、意を決して出掛けました。
もちろんこんな酔狂に付き合ってくれるお人好しはもう現れず、電車旅07、
3回目にしてついに一人旅

1

でも、はるばる行った甲斐がありました。
「田園鉄道」の名の通り、どこまでも続く田園風景と味のある駅舎、
そして今回絵にしたような、僕が今望んでいる、
僕の見たかった"電車(気動車だけど)の走る風景"が堪能できました。

2

沢辺駅では「タブレット交換※」の様子も見ることができました。
「くりでん」の愛称で親しまれ、前身の栗原電鉄時代を含め90年近く続いたこの鉄道の歴史が
もうすぐ終わってしまうなんて信じたくない、この先もこの風景を見に来たい、
と後ろ向きな僕なんかはやっぱり思ってしまったのでした。


地図を見ると義経の最期の地、平泉が近く、
ブツ(仏像)マニアでもある僕はしっかり中尊寺と毛越寺にも寄ってきました。
そしてこの日の夜は山形の友人夫妻の家に泊めてもらいました。
夜遅く着いたのに至れり尽くせりの対応に心から感謝してます。ありがとう!

(Photo:Kyo-to)

※タブレット交換=車両同士の衝突事故を防ぐために
 ある区間内を特定のタブレットを持つ車両しか走れないようにしておき、
 別の車両がその区間に進入する際に行う、互いのタブレットの受け渡し作業のこと
(間違ってたらすいません)
スポンサーサイト


デンシャ旅 | Comments(7)
□ コメント
BGMが聞こえてきそう
Kyo-toさんの電車の絵は、なんだか、BGMが聞こえてきそうな絵ばかりです。
この絵も、なんだか懐かしい曲が流れているような・・幻聴!?

廃線になる電車がここまで連れてきてくれたんですねー。
そんな一人旅も、なかなかよいものだったようで・・・
2007-03-20 火 | URL | へから夫人 #no8j9Kzg [ 編集]
ほのぼのとして、ええ一枚ですね。好きです。
ところで、最近京都の絵が出て来うへんのですが、そちらの方もお願いします。いつもいつも楽しみにしてますし。海外に10年以上住んでますが、このサイトは自分の心の中で郷愁をそそる、大切なところになりました。

Kyo-toさん、リクエスト叶えてくだはり。
2007-03-21 水 | URL | 浄土寺のねぎ坊主 #- [ 編集]
Re:へから夫人さん、浄土寺のねぎ坊主さん
>へから夫人さん
そうですね、僕は今、そういう郷愁を誘うような風景を求めて
彷徨っているのかもしれません。
-廃線になる電車がここまで連れてきてくれたんですね
っていうの、いい言い回しですね。
この電車が存在しなかったら僕は
ここへは行ってなかったかもしれないんです確かに。

>浄土寺のねぎ坊主さん
どうもすいません、近頃、電車とそれが走る地を巡る旅にハマってまして、
すっかり心は京都から離れつつありました。
やがてまた新たな目で京都を見直せる時が来るだろうと
自分の中ではあえてその日まで放っておくつもりでいたのですが、
ねぎ坊主さんのコメントで、僕の京都の絵をそんな風にまで
思って下さる方がいることを知り、とても嬉しく思いました。

僕の描いて来たのは特に一見して京都らしい風景ではありませんが
それでもよかったら近々また描いてみたいと思います。
2007-03-22 木 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
Kyo-toさん、京都らしくないなんて、そんなことはありません。自分に言わせたら、一番京都らしいとこを描いてはります。よその土地の人なら、描かない京都。住んでるもんが毎日見ている光景。地元のもんだけが持つ、こだわりや思い入れ。

自分が特にジーンときたのは、閉店した丸善の寂しげな様子(よく通いました)、出町柳(?)付近で学生が宴を開いている様子(よく見かけます)、まんまんちゃんあんと背景の校舎(ひょっとして自分の知ってるとこかも)、立ち小便除けの鳥居(何気ないものでも、毎日目に飛び込んでくる)、OPA裏のお寺の前を自転車の女の人が通り過ぎる様(よそのひとなら、OPAをフレームから外して描くと思う)、鴨川べりのアベック、新京極のカップル観察、祭でたわむれる若者たち、雨の祇園祭を警備する人、改装前の高島屋、錦はずれの八百屋さん、などなど、切なくなる光景ばかりです。そういう、かけがえのない一瞬を切り取ってくれるKyo-toさんには、ほんまに感謝してるんですよ。海外に永住してるから尚更です。

ぜひ、これからも京都を描き続けてください。絵はダウンロードして、スライドショーにして楽しんでますから。

京都の絵と言えば、岸本信夫画伯のサイトもよく訪問します。味があって、素晴らしいです。でも、感性的には、Kyo-toさんの絵の方が心に響くのです。これからも、ずっとずっとがんばってください。期待してます。

あ、それと電車について。京都の市電が街を走る光景を写真から描いたんを、いっぺん見さしてもらいましたが、あれはシリーズになりませんか。子ども時代を思い出します。

ド厚かましいリクエストばっかしですんませんが、ご検討願えたらありがたいです。
2007-03-22 木 | URL | 浄土寺のねぎ坊主 #- [ 編集]
Re:浄土寺のねぎ坊主さん
浄土寺のねぎ坊主さん、本当にありがとうございます。
僕の京都の絵にこんなに思い入れを持っていただいてるなんて
絵描き冥利に尽きます。

ねぎ坊主さんのおっしゃる通り、ホンマそうなんですよ、
観光都市京都じゃなくて普通の普段の京都を描きたかったんです僕。
でも多分、大多数の人は他所行きの顔のキレイな京都を見たいんやろな、
でもそれを今さら僕が描く意味がないし…とか色々ジレンマをずっと感じてきたんですが
今やっと救われた気がします。

ねぎ坊主さんのおっしゃる「切なくなる光景、かけがえのない一瞬」を
常に赤字でいつ無くなるか分からない、地方の鉄道の姿に求めてしまってるのが今の僕なんですが
うーん、心が揺らいでしまいますね…。
頑なに京都を封印したワケじゃないので、数点描こうとしている今回の東北遠征の絵が
一段落したらまた京都を描いてみようと思います。
ただ、期待されることに慣れてないので、妙にねぎ坊主さんを意識して
気に入ってもらえるような絵を描こうとしないかが心配です(苦笑)。

岸本信夫さん、失礼ながら存じませんでしたが
検索してサイトを拝見したらホンマ、素晴らしいですね!
僕もあんなスケッチ風に描きたい時があるんですが
どうしてもその内に濃く塗りたくなってくるんですよ…。

最後に京都市電の絵の件ですが、あれは祖父が持っていた市電廃線記念の本の
口絵写真を勝手に模写したものなので、本当は多分著作権とかで問題のある絵だと思うんです…。
なので、オリジナルの写真などがあれば僕も描き続けたいモチーフではあるんです。
2007-03-23 金 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
Kyo-toさん、プレッシャーはなしということで。気の向いたとき、自分のことなんか意識せんと描いて下さい。人に期待されると、本来の自分の感性が歪められることがあります。それは、自分がKyo-toさんに望むことと正反対なのです。そやし、今はご放念下さい。描きたいときに、描きたいもんを描いて下さい。

岸本画伯、ええでしょう。あの何とものーんびりとした雰囲気がたまりません。なんか、今にも近所のおばちゃんが出てきはって、自転車に乗った子どもたちが通りすぎそうな感じやし。Kyo-toさんの作品は、人がぎょうさん出てくるのが、特にいいです。画面の端っこにいても、多くを物語ります。

画風の違いといえば、確かにKyo-toさんは濃く塗らはりますますね。あれ、好きですよ。作品によっては、薄い方が、と思うこともあるけど、それは実際に描いたことのない勝手な鑑賞者の意見。問題は切り口です。その冴えた切り口を、大切にしてあげてください。

そうか、廃線前の鉄道に「切ないもの、かけがえのないもの」を見いだしてはるんですね。そのお仕事、大事にして下さい。きっとその沿線の方たちが将来(いや、今も)、喜ばはるでしょう。

では、電車シリーズ、これからも楽しみにさしてもらいます。
2007-03-23 金 | URL | 浄土寺のねぎ坊主 #2NKnmN5w [ 編集]
Re:浄土寺のねぎ坊主さん
浄土寺のねぎ坊主さん、毎度ありがとうございます。
岸本画伯の、民家の風景にこだわってブレない姿勢にも感服しますね。
あの制作数にも。
僕はもっと絵を描かないとダメだ、と思い知らされます。

絵の中の人、ということに関しては、
元々 人のいるたたずまいが好きなので
面倒だからとか描きたい風景の邪魔だと
省いたりすることは考えたことがなかったんですが
最近はそういえばあまり人がたくさん出てくる絵は
描いてない気がします。
人の気配はあるけど姿はないような風景に
気持ちがシフトしてるのかもしれません。
特に何かあったとか、心境の変化とか自覚はないんですが…。
2007-03-24 土 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。