スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
鞍馬街道
20050130012741.jpg


鞍馬寺の絵の流れで、鞍馬街道も描いてみました。

鞍馬寺の門前から続くすごい風情のある町並みなので、
お寺へ行かれる際はぜひ寄ってみてください。
名物の木の芽煮とか売ってる店もあります。美味。
スポンサーサイト


京都の画(え) | Comments(3)
□ コメント
いやぁ、参りました!。素晴らしいです。
この水墨画のようなタッチ大好きです。
この曲がりくねった街道の構図もいいですね。

そうそう、先回のNHKの「義経」の最後で
「木の芽煮」出てましたね。
今度京都へ行ったら是非行きたいと思います。
2005-01-30 日 | URL | C-kun #PcIuQdPo [ 編集]
Kyo-toさんって・・・こんなタッチの絵も書かれるですね・・。

私もこの絵は、とても好きだなぁ・・。冬のりんと張りつめた空気が伝わります。京都は、京都だけの独特の趣があるかと思うのですが、この絵には普遍的に、日本の古いまちが持つ情感を感じます。

この絵を拝見して、ふと思い出したのは、高知では佐川町という古い町でしょうか・・。造り酒屋のある町です。あの伝統的な地酒、「司牡丹」をつくっていて道をゆくとき、ほんのりをお酒の香りに包まれます。
2005-01-31 月 | URL | Meg #T0ca3UNU [ 編集]
 
>C-kunさん
こんばんは。お褒めの言葉、ありがとうございます。
いや、水墨画なんて褒めすぎです(笑)
写真にはモノクロっていう表現方法がありますけど
絵だったらそれは何だろう、って考えて
僕は鉛筆デッサンだと思ったんですね。
だからこれは、山とかの部分が手抜きのデッサンです(苦笑)。
そうか、水墨画があったかぁ…。

「義経」はこれだけ煽る風なこと書いといて
僕は見れてないんですが(汗)
木の芽煮出てましたか!
これだけでご飯食べれるぐらい美味しいですよ(笑)。
C-kunさんの撮られる鞍馬も見たいのでぜひお越しください。

>Megさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
見ていただいてる方には別の印象持ってもらえてるのかもしれませんが、
僕的にはこのブログで最初に描いた
犬と少年の絵の色なしバージョン
ぐらいの感覚なんですよ(苦笑)。
持ちネタ少ないなぁ…とほほ、みたいな。

でも「普遍的に、日本の古いまちが持つ情感」を感じてもらえたなら
そんな些細なことはどうでもよくなって
嬉しさだけが残ります(笑)。

高知はずーっと前に友達数人とフェリーで行って
市内と中村市、四万十川、カルスト台地みたいなとこ周ったんですが、
佐川町はすいません、知らなかったです。
造り酒屋のある町。京都の伏見とはまた違った
趣きがある所なんでしょうね。
行ってみたい描いてみたい。
2005-02-01 火 | URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集]
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。