FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
九州デンシャ旅 【その7】  長崎電気軌道  〔長崎県〕
nagaden
Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=コンテ(先細コンテ2.5)
 色=ペン(べた塗り)
 +フォーカス(被写界深度)


10月8日、九州最終日。
前日までは何とか持ったが、いよいよ今日は朝から雨。
k-22
JR諫早駅から6:29発の長崎本線の列車に乗り、今日の目的地、長崎市内へ。7:17、終点・JR長崎駅に着く。
諫早から2駅先の喜々津(ききつ)で長崎本線は2つに別れ、浦上で再び合流する。調べてみると新線と旧線ということで、新線といっても開通は30年以上も昔の話らしいが、大村湾沿いに走る長与経由の方が旧線で、遠回りになるが料金は同じと駅員さんに聞いたので旧線を走る列車を選んだ。
帰りに新線の方を通ったが、トンネルでショートカットされていて効率はいいのだろうけど、海や山や起伏に富んだ旅情溢れる風景は旧線にはかなわないと僕は思った。

話がそれたが、最終日の目当ては長崎市内を走る長崎電気軌道。有数の観光地、長崎の市内全域をほぼカバーする路面電車だ。
全線100円均一の運賃ということで驚くほど安いが、記念にもなるのでこれまた破格、500円で乗り降り自由の一日乗車券を長崎駅の観光案内窓口で購入する。
しかし、窓口が朝8時からの営業だとは知らなかった。夕方4時半に長崎を去らねばならないから少しでも、と早く来すぎてしまい、30分ほど待つハメになってしまった。窓口のお姉さんは「観光地の割引券とセットのものもありますが…」と言いかけたがすぐに通常の一日券を差し出す。開店と同時に「一日券を!」と意気込む僕を「鉄ちゃん」と踏んだのだろう。
k-23


JR長崎駅前の歩道橋を渡り、長崎駅前電停から路面電車に乗ろうとする頃には雨はすっかり上がっていた。おとつい拝んだ馬頭観音の…(以下略)。
それにしても、やっぱり路面電車はいい。ンゴアァーとウルサいモーター音、路面に響く車輪の音。ローカル鉄道の古い車両もいいのだけれど、それは昔乗った記憶や特別な思い入れはないので、単にレトロ趣味的な興味からそう感じるのだと思うが、路面電車は京都市電の、肌で覚えている感触がある。

長崎には残念ながら広島のように京都市電から移籍してきた車両はなかったが、ちゃんぽんみたいに年代も形も色もごちゃ混ぜの賑やかなデンシャたちでいっぱいだった。連休というのもあるのかもしれないが、とにかく利用客の混雑ぶりは相当で、デンシャは次から次に来るので助かるが、今回の絵のように、電停で「デンシャの渋滞」を何度も味わった。でもそれも在りし日の京都市電の姿をみるようで、たくさんの人に利用される元気な鉄道を僕は嬉しく感じた。
k-24
▲クリックでもうちょっと大きく見れます

(つづく)



スポンサーサイト
デンシャ旅 | Comments(9)
PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10月 « 2007/11 » 12月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。