スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
FINAL
final 1

Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 パステル(X-ソフトパステル 丸 10-30 )


・イタリア×フランス 1-1(延0-0、PK5-3)

決勝。
僕が予想してた最悪の展開は0-0の末PKで決着、というものだったけど
点が入った分それよりちょっとマシで、でも予想以上に最悪でもあるという
自分でも何言ってるんだかよく分からない結末だった。

今大会のイタリアは素直に素晴らしかったので、
負けないために守り抜く・コスい手でも何でも使う(イメージの)
イタリアが好きじゃなかった僕でも優勝に値すると思ってたけど
決勝のイタリアはマテラッツィのジダンに対する挑発の件とか含めて
いつものイタリアだった印象だし、
フランスはフランスでジダンのビックリ頭突き退場をはじめ
ヴィエラとアンリの故障など終盤、役者が自ら舞台を降りてくし、で
どんどんゲームが面白くなくなるガッカリ要素ばかり増えてって
挙句は一番避けてもらいたかったPK。
もう僕としてはどっちが勝っても何でもいいや、という心境に。

ジダンの件に関しては、そりゃ褒められた行為じゃないけど
よっぽど酷いこと言われて腹に据えかねたんだろうし、
あれがなかったら今大会の決勝は何にも記憶に残らなかったと思うから
僕個人としてはアリにします。
逆にフランス優勝でジダン勇退、より良かったとさえ今は思います。


・3位決定戦 ドイツ×ポルトガル 3-1

ポルトガルにモチベーションというか集中力が欠け気味で展開が大味に。
でもポルトガルの唯一の得点シーンのフィーゴのクロスは
最後にいいモン見たな、と思えた。

final 2

Painter9.5 使用ブラシ(バリアント):
 線=鉛筆(塗りつぶし)
 色=ティント(標準丸筆)


ともあれ、サッカー漬けで過ごせた至福の一ヶ月間でしたが
つかみからラスト前までものすごく面白かったのに
オチがスベりまくって台無しになった映画を見終わったような、
何とも表現しがたい2006年W杯ドイツ大会でした。

スポンサーサイト
2006W杯ドイツ大会の画(え) | Comments(7)
PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2006/07 » 08月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。