スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
Portrait in Jazz
20050228232025.jpg


思いがけないプレゼントが今日、届いた。
和田誠の絵と村上春樹のエッセイによる、JAZZの本。
内容も最高だけど、これを選んでくれた気持ちが何より嬉しい。
本をもらってこんなに感動したのは初めて。
ずっと大事にしようと思う。


『ポートレイト・イン・ジャズ』
和田誠 村上春樹 / 新潮文庫




スポンサーサイト
その他の画(え) | Comments(5)
夕映え京都駅
20050224015936.jpg


夕陽に映える京都駅ビル(伊勢丹)を描きました。

近鉄を降りて南北自由通路を北へ。
思いがけない、自然と人工デザインの
ちょっとしたコラボレーション。
でも足を止めてまで見入る人は他に居ない。
みんな忙しいんだ。


…まぁ、駅やからね

京都の画(え) | Comments(4)
輪違屋
20050220234818.jpg


島原にある老舗の置屋、輪違屋(わちがいや)の行灯を描きました。

島原は江戸時代、幕府公認の花街として栄え、
新撰組の面々も足繁く通ったそうで
昨年は新撰組がらみで賑わい過ぎでしたが
今なら静かに訪れることができますよ。
詳しいことは、この島原で現役の太夫として活躍中の
司太夫さん管理のHPがあるのでそちらをご覧下さい。

※太夫(たゆう)=舞や文芸にも秀でた、豊かな教養をもつ最高位の芸妓


京都の画(え) | Comments(2)
新幹線の高架の見える風景
20050219025746.jpg


大宮通のちょっと西側、JR東海道新幹線沿いの街角を描きました。

親から聞いた話によると、僕が幼い頃は
吉祥院あたりに住んでいたらしく、
そのせいでか、新幹線の高架の見える
こんな風景を見ると、とても懐かしいような
でもなぜか淋しいような、妙な気持ちになります。

京都の画(え) | Comments(8)
東寺五重塔
20050217001851.jpg


冬の東寺五重塔を描いてみました。

3月21日(月)まで『非公開文化財特別公開』が行われてて、
この東寺では五重塔の初層内部等を今なら見ることができます。


京都の画(え) | Comments(2)
川端四条のストリートJAZZトリオ
20050214000728.jpg


四条大丸で開催中(15日まで)の『平成の洛中洛外・平山郁夫展』に行ってきました。
向こうは大画伯とはいえ、同じ京都を描く者としては見逃せまい、
と意気込んで行ったのですが、うーん…。
あのあっさりした画風のせいか、上手く言えないのですが、
この人は京都を絵の素材としてしか見てないんじゃないか、
っていうような印象を受けました。
京都人の僕が見ても京都な感じがしないのです。
(素描の、街角を描いたものはそうでもなかった)

それはそうと、帰りに京阪電車に乗ろうと川端まで来たら
"歌舞伎発祥の地"を示す阿国の像の前で、
ストリートのJAZZトリオに出くわし、その演奏の素晴らしさに
思わず釘付けになってしまいました。
ヘボロックバンドとか胸焼けフォークソングな輩は
結構見かけて、ゲッソリさせられるんですが
この人たちはよかった。めっちゃ気持ちよかったです。
何か今年はJAZZと縁があるな。呼んでる?

というわけで、彼らを描きました。
トリオ名とか聞いたんですが、特にない、とのことでした。
無名でもスゲぇ…

京都の画(え) | Comments(5)
梅小路蒸気機関車館
20050212031141.jpg


JR京都駅のすぐ近くにある、梅小路蒸気機関車館へ行ってきました。
日本の鉄道開業100周年を記念して1972年に開設され、
大正・昭和の代表的な機関車18両が展示されてます。
その内のいくつかは実際に動いたり、中に乗り込んだりできます。
昨年12月に機関車庫等が国の重要文化財に指定された、っていうニュースで
その存在を思い出して、絵のネタにもなるし(笑)いつか行こうと思ってたんです。

ここでSLと一緒に写ってる写真が家にあったので、
幼い頃に家族で来たハズなんですが、ほとんど記憶がなかったです。
当時の僕にはそれほどインパクトがなかったんでしょうか(苦笑)

でも今は、200円で体験乗車できる「スチーム号」(僕が行った時はD51だった)が放つ
ナゼか強烈に郷愁を誘う汽笛の音と、目を見張るほどメカニカルな造りに、
SLって何て美しい乗り物だろう、って感動しまくりました。

この絵は機関庫の外に停まってたC62を描いたものですが、
ラフな雰囲気で描いたつもりが、ただ雑なだけに…。
SLはもっと描いてみたいので、後日また挑戦したいと思います。

京都の画(え) | Comments(2)
大黒ーーーー!!
20050210013543.jpg


サッカーのゴール・勝利にまさるエクスタシーはない!
とさえ思えます。こういう試合を見ると。

日本代表、ロスタイムの大黒(ガンバ大阪)の勝ち越し点で
北朝鮮を下して勝ち点3ゲット。
W杯最終予選、幸先のいいスタートを切りました。

しかしやっぱり最終予選に残るだけあって
北朝鮮もなかなか侮れないチームでした。
それにしても主審のレベルは低すぎ(怒)。
すっ転がったら笛を吹く幼稚なジャッジにイライラ。

第2戦は3/25、アウェイの対イラン戦です。
対北朝鮮戦ということで今日は見てたという人も、
日本代表のW杯出場への道程をこれからも見届けて欲しいと思います。


その他の画(え) | Comments(3)
八咫烏(やたがらす)
20050208012021.jpg


いよいよ明日9日は、来年のサッカーワールドカップ・ドイツ大会の
出場権を賭けたアジア地区最終予選の緒戦、VS北朝鮮戦の日です!
日本代表のユニフォームの(向かって)右胸にある、
JFA(日本サッカー協会)のエンブレムを描きました。

協会のシンボルマークは八咫烏(やたがらす)。
『古事記』等の日本神話に登場する三本足の巨大カラスで、
熊野とつながりが深いようですが、実は京都の
下鴨神社の祭神・賀茂建角身命の化身でもあるらしいのです。
正月に催される「蹴鞠初め」も何か関係があるのかも?

そんなウンチクはともかく、来年のワールドカップに出場するには
相手がどこであろうが最終予選を勝ち進まなければなりません。
頼んまっせジーコジャパン!
(9日水曜日 埼玉スタジアム19:30キックオフ)

その他の画(え) | Comments(10)
鞍馬街道で
20050207001311.jpg


鞍馬街道沿いの一軒の家の軒先を描いてみました。

どうなんでしょう。「Kyo-to画」とか銘打っていながら
誰もが「京都だ」って一見して分かるような絵を
ほとんど描いてないっていう現状は。

僕自身は、何でもない普段の京都の姿を
これからも描いていきたい、って思ってるんですが…

京都の画(え) | Comments(5)
寺町通りの古書店
20050205204204.jpg


寺町通り、本能寺のはす向かい辺りにある古書店を描きました。

産地偽装、偽造紙幣、振り込め詐欺…etc…。
偽、欺、とは無縁のホンモノの商売をしてきた人が
京都にはまだたくさん居てはることが僕には救いです。

-----------------------------------------

manyuさんに教えていただいて、前回から
絵を小さめに表示できるようにしました。
(クリックすると原画サイズで表示)

京都の画(え) | Comments(4)
メトロ
20050203012148.jpg



こないだの日曜、川端丸太町のクラブメトロ
okamoさんのお誘いで、彼女のダンナさんのJAZZユニット
"GEN HOSOKAWA NICE GROOVE COOL JAZZ UNIT"
が出演された『afrontier』っていうイベントへ行ってきました。
GENさんのトランペット、カッチョええ!
ので絵にしてみました。

Guest DJ、沖野好洋(KYOTO JAZZ MASSIVE)さんの
DJもめっちゃシブかったです。
アカン、絵に集中しようとちょっと音楽を遠去けたのに
五臓六腑に染み渡ってしまいましたわ…

初めてお会いしたokamoさんもいい人でした。
メタルの悪口ばっか言ってゴメンなさい(笑)

その他の画(え) | Comments(6)
PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
01月 « 2005/02 » 03月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。