スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments(-)
四条 川床(ゆか)と鴨川
20020920

2002年9月20日公開
描いた時のサイズ:718×532 pixel
道具: Paint Shop Pro 7J + Wacom intuos2 i-620USB(DP)

京都の夏は、盆地っていう地形的な要因で とにかく蒸し暑い!
それを何とか涼しくやり過ごそう、ということで昔の人が考えたのが川床(かわゆか)。
単に、『ゆか』と言うのが京都では一般的です。

河原にバルコニー状の台を組んで、その上で夕涼みをしたり、ご飯食べたり、
お酒呑んだり。
この絵の左側の建物(お店)から河原の方にそれぞれ張り出してるのがその川床。
温暖化やヒートアイランド現象 etc でさらに夏の暑さが増した現在では
この川床が涼をとる機能を果たしてるかどうか疑問だけど、
京都人の僕としては、やっぱりこの川床が出ると、「夏やなぁ」っていう気分になって
祇園祭同様に夏の風物詩的な感慨があります。

この絵は、四条大橋から北の風景を描いたもの。
右に見える鴨川沿いに、二条あたりから七条あたりまで、ずらっと川床が並ぶ様は壮観!
ちなみに、川の上流に見えてるのは三条大橋。
もひとつちなみに、この鴨川のもっと上流の貴船と呼ばれるあたりにも
渓流の上にまたがって組まれた床があるんですけど、
そちらは川床と書いて『かわどこ』と言います。


ところで実はこの絵、「やっぱ夏に発表しないと意味がない!」
と思って8月中に一度描いたんですけど、
急いで描いたのと暑さで全然身が入ってないのとで、どう考えても失敗作だったので、
涼しくなってやっとちゃんと絵に取り組めるようになった今、新たに描き直しました。
とりあえずこの川床は9月いっぱいまで出てるから、ぎりぎりセーフ?

涼しげな感じが出したくて、最初に描いた方の絵は もっと淡い水彩っぽい感じでした。
結局その試みも含めて失敗だったんだけど、この絵にもちょっとその名残が表れてると思う。
こうやってWeb向けに解像度を落とす前の原画はもっと線とかハッキリしてたんですが…
何かぼんやりした感じになってしまって、ちょっとまだ課題を残してしまいました。
未熟! ←っていうかそもそも「暑さ云々」とか言ってる時点で

スポンサーサイト
京都の画(え) | Comments(0)
PROFILE

Kyo-to (キョート)

  • author: Kyo-to (キョート)
  • 京都出身/在住のシロート絵描き。
    こちらで『Kyo-to画(キョートガ)』という、パソコンで描いた京都の風景画主体のHPをやってます。
    が、最近やたら電車好きに。
    使用ソフトはPainter IX.5。

    ※絵をクリックするとオリジナルサイズで表示されます。
    個人的な保存は構いませんが、無断転載等は勘弁してください。

    [プロフPhoto by micoちん]
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05月 « 2002/06 » 07月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。